スポンサーサイト 

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

△top

めにみえるものとはちがう 

 




20130612



もっといろんないろがあって綺麗だったのになー、
やはり人間の目はすごい。。。




別に暗い話とかでもないんですけども


最近人のこといきいきと”批判”してる様子をたくさん目にする機会がありまして…
批判かーー、批判か…ってなっています


批判

1 物事に検討を加えて、判定・評価すること。「事の適否を―する」「―力を養う」

2 人の言動・仕事などの誤りや欠点を指摘し、正すべきであるとして論じること。「周囲の―を受ける」「政府を―する」

3 哲学で、認識・学説の基盤を原理的に研究し、その成立する条件などを明らかにすること。


批判って評価が伴うのかー、とか。正すべきであると論じるのかー、とか。
(~~だと思うよ、きみはどう思う?)と(~~だよ。きみおかしいんじゃない?)ってのは、やっぱ違うのかなって思います


批判って、自分がそういうことは絶対やらないし、やったことないし、
それが周りの人にもわかるときに有効になると思います。
それはまあ、言いたいこと言うってのも、同じですけども
(コイツめっちゃ矛盾してるけど!?ってなるし)
何か、批判してる内容と自分が同じことしてる人を見るとなんとも、なあ…という気持ちに。
最近とっても多いのです

いわゆる自分のことは棚上げ、ってやつです。
自分の行動とか振り返ったことあんのかな?曲げらんないところないのかな?って感じです
周りは意外と見てる気がしますぞ


おお…でも批判がわかんなくなってきたぞ
”正しい”という前提は自分の中にしかないわけだから…そこで衝突も起きるわけで…

でもでも、棚上げはやっぱり許せません。
「これは批判です」って声高にいう以上は、じゃあ自分はその通りに行動できてるのか?とか、
きちんと振り返ってから発言をすべきだと考えています。



これも”批判”なんだろうなーーきっと。
でも棚上げはしないぞ!!!!!!!しない人間におれはなる!!!
スポンサーサイト

category: daily

tb: --   cm: 0

△top

コメント

 

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。